So-net無料ブログ作成
検索選択

旅にでます。 [traveling]

明日から、久しぶりに旅に出ます。
行き先は、憧れのウィーン


今日、夕方まで仕事して、
一旦家に帰ってスーツケース持って、
関空近くのホテルに前泊します。

9月からずっと忙しくしていたので準備も不十分だし、
ばたばたしながらの出発です。


大丈夫なんかいな。


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

あたまは喜んでいる。 [music]

2008年10月2日(木曜日)@大阪市中央体育館

レディオヘッド初体験♪


いやいや、ほんまに凄かった。
もう、わくわくしすぎて、前の日から緊張してたのです。

最新アルバム「In Rainbows」からの曲を中心に、新旧おりまぜてのパフォーマンス。
やっぱり、1st.2nd.あたりの曲になると、ものすごく盛り上がる。
ライブという形態だと、特にそうなんだろうな。
解りやすいリズムとメロディーじゃないと、みんな一緒には楽しめないものね。
最近の曲も好きだし、音やリズムが複雑に重なれば重なるほど脳ミソは興奮するけれど、
それは、とても内省的な感覚だから、
となりに座っている人と分かち合うのとは違うのかもね。


うわさに聴いていた「トムのヘンテコな躍り」が見られた(笑)
小走りするみたいにバタバタ動いたり、
浮遊するように両手を伸ばしてからだを揺らす。

そんな風に音を感じてるんだなぁ。



ライブで聴いて改めて気づいたこと。
やっぱり、1st.〜3rd.あたりまでの曲はとても聴きやすい。
実際、オーディエンスも大興奮で盛り上がるので、やっぱり多くのファンが待ち望んでいる証拠よね。
最近の曲は、鼻歌で口ずさむような類の歌ではなく、メロディや言葉も、重なり合う「音」のひとつという感じだから「難解」と言われるのかな。
骨組みはシンプルなんだけど、あえてイレギュラーなリズムを多用してるからね。
逆に、アコースティックな、ギターやピアノの弾き語りの方が印象に残っているのも事実。
この次の展開としては、いっそ、全てを削ぎ落とすというのもアリかも。
原点回帰で。

(↑個人的期待♪)



あまりに思い入れが深すぎて、一緒に行った方との間にビミョーな温度差が生じていた(笑)
右脳は興奮状態で熱が出そうなくらいなのに、左脳は妙に冷静に隣の反応を察知していたのです。


今回学んだこと。

レディオヘッドのライブは一人で行くべし!




**  **  **  **  **

一緒に行って下さったAさん。
ワケもわからず、仕事帰りに急いで駆けつけてくれてありがとう。
最後までワケわからんままで、さぞかし疲労感も増したことでしょう。

疲労、空腹、人混み、要領の悪さ。
にも関わらず、喧嘩しないで帰って来られて良かったよね(笑)


懲りずに、また遊ぼうね。





nice!(1)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。